読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

忙しい時ほど睡眠時間を削らず寝るようにした方が効率が良い件

忙しいからついつい夜中まで仕事してしまう。

こんな事って多いですよね。

しかし、睡眠時間を削れば削るほど、

次の日に眠くなったり、頭がまわってなくてボーツとしたり、

体調も悪くなってカゼや病気にもなりやすくなったり。

 

明日納品とかだったら仕方がないですが、

忙しい時だからこそ眠る時間を確保しましょう!

 

1時間睡眠を削ると、1時間仕事ができる。

理論上はそうですが、人間、集中できる時間は限られていて、

「データの見えざる手」なんかで価格的に実証もされています。

 

集中できている時の1時間に比べ、夜の仕事は倍の時間がかかったりしませんか?

夜中悩んでいた仕事が、翌朝簡単に片付いたりしませんか?

人の脳は、起きてから昼頃までが一番集中している状態で。

その時に難しい仕事、論理的な仕事をこなすとよいとされています。

逆に昼以降は体を動かす仕事が良いという事。

 

集中できている状態では、通常の何倍もの仕事ができたりします。

ですので、午前中に本気で仕事に取り組み、

生まれた時間で効率や仕組みを考え、

寝る時間を確保してさらに倍の仕事をし、

効率化と仕組み化で仕事を半分にしていきましょう!

 

朝昼夕3つのことを心がければOK!  あなたの人生を変える睡眠の法則

朝昼夕3つのことを心がければOK! あなたの人生を変える睡眠の法則