特集:呼吸法を考える!疲労回復から脂肪燃焼、発声練習までできる!!

健康に、発声に、瞑想なんかにも重要な呼吸法。

大事なのは分かっているんだけど、

毎日って続けられませんよね?忙しいとつい忘れてしまいます。

 

そこで、呼吸法についての情報をまとめると共に、

日々継続するための仕組みづくりまで、

このブログ記事を随時更新しながら考えて見たいと思います。

 

深呼吸

深呼吸のやり方は、

1吸って、4止めて、2はく

これを1日3回、1回あたりだいたい10分を目処におこないます。

忘れないように、スマホにリマインダーを設定してみます。


深呼吸はリラックス効果があり、

肩コリの解消、疲労回復、消化の働きが良くなるそうです。

 


全肺呼吸がよいらしいです。

 

でも、胸式呼吸と腹式呼吸をやり分けるって難しいですよね?

 


一番簡単な腹式呼吸のやり方は、仰向けになること!

①仰向けに寝転ぶ

②ゆっくりと口から息を吐く。体の中の空気をすべて外に出すつもりで、時間をかけて吐こう。このとき、お腹が徐々に引っ込むように気をつける。

③鼻から深く息を吸う。舌を上あごにつけるようにするとよい。このとき、下腹が膨らむように気をつける

④再び口から息を吐く。吸った時間よりも1.5倍から2倍かけるつもりで、長く、ゆっくりと

⑤この動作・呼吸を繰り返す。息を吐く時間が吸う時間の4倍くらいの長さになるように頑張ろう!

 

ポイント
①「吸って吐く」のではなく、「吐いて吸う」という順序を心がける
②お腹の上に本を乗せると、腹式呼吸のようすが目で確認しやすい
③横になることができない場合は、椅子に腰掛けておこなってもよい。おへその下に両手をあてて下腹の動きを意識する

 

声量を上げる簡単なトレーニング

これは簡単で使えそう!

ティッシュを4~5枚丸めて、口に入れたら、歯と唇でグッと噛む。鼻から息が抜けないようして「ウー」と声を出すレッスンで声量アップ。
4~5分やるだけで5倍から20倍の大きさの声が出るようなって、音域も2~3音上がるそう。 

 

動画でみると分かりやすい!

手を温めるようにはいて、香りをかぐみたいに吸う!!

 

丹田呼吸法

腹式呼吸を深めていくとこの「丹田」という言葉がでてきます。

 

瞑想

丹田呼吸法ができるようになると、次は瞑想です。

瞑想はまた別に特集したいと思います。

 

呼吸の本

呼吸の本

 

 

パーフェクト・ボイストレーニング 腹式呼吸にこだわるな! 発声と発音をリンクさせた画期的練習法 CD付[単行本]

パーフェクト・ボイストレーニング 腹式呼吸にこだわるな! 発声と発音をリンクさせた画期的練習法 CD付[単行本]

 

 

万病を癒す丹田呼吸法

万病を癒す丹田呼吸法