読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

事業計画策定のポイント

※あとで整形

わかりやすいか?
誰にでも分かりやすい内容になっているか?
専門用語や内容が難しくなっていないか?

顧客特性、ニーズを的確に整理できたか?
ヒントは現場にある、お客にある!
徹底的なヒアリングが必要!

自社の強みを適切に整理できたか?
選ばれる理由が必要
よく強みはないなんていう人がいるが、
どうやって御社を選ぶのかと疑問に思う。

競合の動きは的確に押さえられているか?
敵の情報を知っていれば知るほど有利になる。
敵を知り己を知れば百戦危うからずとはいうがまさにそう!

これならいけそう!と思える内容か?
いいねー!いける!!という内容でなければならない。

ロードマップは明確か?
達成までの道筋、計画が現実的でイメージできるか?

提携や協力の姿が明確か?
スピードを早めるためには外部の力を使う事!
戦略的な提携こそが重要となる!

何が凄いのか?なぜ勝てるのかを分かりやすく
スペック?集客力?スピード?仕組?プラットフォーム??

事業ビジョンはわくわくする内容か?
わくわくする仕事は人を引き付ける!
心躍る仕事をしよう!

例はより具体的に!
例えはより具体的に詳細に書くほど伝わりやすい。

製品・サービスの特徴とビジネスモデル
ビジネスモデルこそが重要!
脳味噌がちぎれるほど考えろ!って誰かがいってた。

ターゲット市場と市場規模、成長性
マーケットインのタイミングを見極めろ!

顧客・ユーザー特性
顧客の事を深く知ろう!
顧客の切実なニーズをしっかり把握したのか?
製品・サービスの市場性を徹底的に確認したのか?

複数のキーパーソンにヒアリングする
仮説~検証のサイクルを高速に回しつづける!

勝ち続けるための独自の優位性
一位じゃないと意味が無い
一位が取れる戦略を考えよう!

開発が一人よがりにならないため、
マーケティングに非常に強い人材が経営幹部として一人必要
CMOがキーになる

実行計画を死守するためには人員と体制をどう発展してさせていく必要があるか、
今後2年程度の発展イメージ(キーパーソンの確保、組織の発展形態等)を描く
企業は人なり、どれだけ優秀な部下を作れるか?

今後1年間の最優先課題をどう実行していくのか、
主要な実行課題に分解し、いつまでに誰がどこまで実行するのか、明確に描く
スケジュールが大切、ゴールから逆算し、マイルストーンで達成度を検証する!

売上・粗利シミュレーションをエクセル等の表のみで示すことが多く見られるが、
サイズ感をつかみにくく本質を見誤ったり、社員や株主とも理解の差を生じる場合がある。
必ずグラフを用いること!

事業リスクをきちんと把握する!
リスクマネジメント、
最悪を想定しておけば不測の事態に対応できる!

ビジネスモデルが明確か?
強いビジネスモデルは案外シンプルなもんだ

図やグラフを用いて分かりやすく!
伝わりやすく、工夫しよう!

業績好調かつ保守的な業界トップをねらうより、
業界3~4位で現状打破に必死な企業をターゲットとする
– そのほうが動きがよほど早い。アーリーアダプター
アーリーアダプターかどうかは、話がどんどん前に進むかどうかで判断する
– そういう変化、動きのない固定的な市場は、ベンチャーとしてはねらいにくい

自社の付加価値のコアでない部分は徹底的にアウトソースする
何でもやろうとしたら時間が掛かる
自らがやるべき仕事に注力し、
他は全てアウトソース!

2X2のフレームワークやロジックツリーなどのテンプレートを活用する

コーチングスキルを身につける!
人は自分の中に答えをもっている
自分への質問で新たな自分自身に気付く事もできる!

イシューからはじめよ―知的生産の「シンプルな本質」

イシューからはじめよ―知的生産の「シンプルな本質」