読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸せの定義って人それぞれだよね

ブログ

幸せの定義って人それぞれ!

こないだ、ソフトバンクのニケシュアローラが100億円以上の報酬を手に入れたってニュース。話題になりましたよね!

ソフトバンク規模になると後継者に100億円なんて安いんだろうけど、

一般庶民から見ると羨ましいを超えて想像できない世界!

でも、古参社員からは不満も出ているらしいです。

 

世界一を狙うソフトバンクのスピードについてこれないだけ?

アリババの上場以来、急激にグローバル展開を進めるソフトバンク

200兆円、世界一の企業体を目指すソフトバンクの幹部となると、

完全な実力社会、不満なんていってる時点で負けどころか問題外!

そう、ここはそんな社会なんです。

 

その組織によって考え方は様々、それは人も同じ

 

 

家族がいる起業家の働き方 | Like A Silicon Valley

対して家族を再優先にする会社社長のブログ

素晴らしいです。とても素敵な事です。

でも、会社の規模はやはり大きくはできないと思います。

 

あの世界的起業家イーロン・マスクも言っています。

一日14~15時間、それを一日も休まず働き続ける事で、

誰でもトップの仲間入りをする事ができる。

逆に言えば、そのくらい働かないといけないという事です。

 

究極の選択、家族と取るか、仕事を取るか?

これは永遠のテーマですね。

若い時に私と仕事どっちを取るの?って言われた経験がありますが、

家族となるとそんな軽い話ではありません!

 

家族は守るべき存在で一番大切。特に子供は血の繋がったかけがえのない存在。

が故に、一緒に苦楽を共にして、楽しく笑顔に包まれる。

そんな家庭であるべきだと思います。

対して仕事は、そんな家族の生活費を稼ぐ為。。。そんなんじゃありませんね!

それだと自分が何の為に生きているのか分かりません。

家族の為。自分の稼ぎで家族が幸せだったらそれでいい。

確かにそれも素晴らしい事ですが、もっと貪欲に自分の仕事を楽しみ、

人生を生きるべきです!

仕事は何かを成すべき物。

理念、志、自己実現、やりたい!楽しい!

そんな感じが理想だと思います。

お金が目的じゃつまらないし、そもそもお金は何かをする為に必要であって、

それ自体が目的になるようなものじゃありません。

 

好きな仕事をしなければいけない、見つからなくともあきらめずに探しつづける!

仕事が好き!

そう自信を持って言えますか?

言えないのであれば、本当にやりたい仕事を探さなくてはなりません。

仕事が楽しくて苦にならない!と言えたら素晴らしいじゃないですか!

 

好きな仕事が見つかったら、後はどこまで高みを目指すか?

例えば勉強でもいい、スポーツでもいい、

地域で一番を目指すか?日本で一番を目指すか?世界で一番を目指すか?

目指す高みによって努力すべき量は全然違ってきます。

それは、どれだけの時間を投資しなければいけないかって事。

 

世界を目指すのであれば、何かを犠牲にしなければならないと思います。

そうしないと勝てない世界、ライバルも命がけ!

対して地域で一番であれば、そこそこ上手くやればできない事はないと思います。

もちろん、家族との時間、プライベートの時間も確保できるでしょう。

 

寝る間も休みもなく働いて年収1億円

自給自足で田舎で家族とのんびりスローライフ

 

どっちが幸せか?

人によって様々ですし、どちらも正解であり、どちらも不正解?

 

要は己の価値基準をしっかり持てって事!

極端な事例を紹介しましたが、

自分はどっち寄りなのか?

何を成したくて、何を大事にしたいのか?

 

週末コーヒーでも飲みながら、

ひとりで自分と向き合ってみたいテーマです。

神との対話―宇宙をみつける自分をみつける (サンマーク文庫―エヴァ・シリーズ)

神との対話―宇宙をみつける自分をみつける (サンマーク文庫―エヴァ・シリーズ)

 

神との対話。名作です! 

「自分」との対話

「自分」との対話