読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天才クリエイター佐藤可士和に学ぶ、生産性が低い原因は打ち合わせにあり!

 日本人ホワイトカラーの生産性が低い原因は打ち合わせにあり!

佐藤可士和の打ち合わせ

佐藤可士和の打ち合わせ

 

 打ち合わせ、と聞いて、どんな事をイメージされますか?

何も決まらない、形式張った、時間の無駄、意味のない。。。

こんな打ち合せが世の中本当に多いと思います。

しかし、仕事のうち、打ち合わせが占める時間って結構ありませんか?

 

そう、打ち合わせの質を上げれば、仕事の質が上がり、

生産性、効率、利益、結果や成功など、全てがプラスに働きます!

打ち合わせを締めれば、仕事は上手くいくんです!!

 

クリエイティブな仕事は初動こそが命!

クリエイティブな仕事と聞いて何をイメージされますか?

デザインやアート的な仕事に考えられがちですが、

ゼロから物を考え創りだす仕事は全てクリエイティブと言えます。

例えば提案営業や企画、新しいシステムや試み、

ルーチンで無い仕事は全てクリエイティブと言っても過言ではありません。

 

しかし、クリティティブな仕事は目に見えない分、

最初の打ち合わせや詰めが甘いままプロジェクトが進むケースが往々にあり、

最終的に話が違う、イメージが違う、結果が出ない、クレームになるなど

よくある話だと思います。

 

例えば建築設計の仕事であれば、設計図をしっかり作らずに建物を建てて、

後々問題が出ないはずがありません。

 

なのに、クリエイティブな仕事だとそれがなされないのはナゼでしょう?

 

イメージを共有する事に全てを掛けろ!

イメージを共有、これってかなり難しい事なんですが、

これができれば仕事は終ったも当然です!

 

そこで、天才クリエイターと呼ばれる佐藤可士和氏より、

打ち合わせのノウハウを学んでみたいと思います。

 

打ち合わせは真剣勝負!

打ち合わせを暇つぶしや雑談だと捉えている人もいますが、

打ち合わせとは何らかの結論を出す為の真剣勝負の場であって、

参加したからには全てのメンバーにその責任が生じます。


イデアよりイメージを持ち寄る事が大事

イデアというとハードルが高くなるけど、

イメージだと軽い気持ちで考えを発言できる。

言葉のイメージも重要ですね。

そして、そのイメージを出し合いながら仕様を固めていく!


イメージすれば事前準備に何が必要かが見えてくる!

打ち合わせをイメージ、相手の担当者をイメージすれば、

様々の物が見えてきて、事前準備に気付きを加える事ができる。


モチベーションを上げるには大義を持て!

プロジェクトメンバーの一体感ややる気を起こさせる為に、

多少大げさな、世の中を変える!や新しい時代を作る!!など、

大義を掲げる事に大きな意味がある!

志やビジョンなど、人を動かすにはこれが一番大事!


事情のパワーに屈しない!

今まではこうだから、これが決まりだから。。。

そんな固定概念をぶっ壊してこそ、新しい価値や成功が生み出せる!


感じたことを記録し、ぶつけ合う!

自分が感じるか感じないか?

情報過多の時代、自分の感覚で感じた事飲みを記録し、

それをぶつけ合ってこそ、真に価値ある仕事ができる。


スキマじかんに常時、密にコミュニケーションを取る!

社内で打ち合わせをやるなんて時間の無駄!

だいたい同じ社内にいるのに打ち合わせが必要なんて

日々のコミュニケーションが足りてないっていっているような物!

隙間時間や休憩時間などで、内戦でもチャットでも立ち話でも隣の席にいってでも、

気になった段階でこまめなコミュニケーションを取る回数を増やす事が、

結果として効率的な仕事ができるようになる!


クリエイティブワークは

コミュニケーションこそ重要!

 

change2013.hatenablog.jp