読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生に疲れた1000万円プレイヤーがたどりついた「ミニマリズム」(最小限主義)という価値

人生に疲れた1000万円プレイヤーがたどりついた「ミニマリズム」(最小限主義)という価値


好きな仕事を見つけ、昼夜土日関係なく没頭できる。

それって理想だと思う。

只、全ての人が好きな仕事に就けている訳じゃないと思う。

それでも、仕事はお金をもらうだけのもの、時間を切り売りする、

そんな人生ってつまんなくないですか?

金儲けだけを考えれば色々と方法はあって、

だけど、金がモチベーションだと、結局この人みたいになってしまう。

やはり、仕事に対する情熱、本当にやりたい仕事、

それを見つけるまで探し続けなければならないと思う。

 

若い時の苦労は買ってでもしろって言葉は、20代をどれだけストイックに

頑張ったか。その時の成長曲線が、その後の人生をある程度決めると思う。

もちろん例外もあるけど。

 

最小限主義=断捨離

日本でもはやった断捨離

物も情報もそう、何でも過多なこの時代、

まず、何を捨てるか、何をやらないかから考える!

それから、

何に集中するか、できれば1つだけに集中し、

他は遮断するようにしなければならない。

 

毎日洪水のような情報にさらされ、

それがものすごいスピードで動いている今。

何かをやるには、何かを捨て、1つに集中する。

これが重要なんです。

 

新・片づけ術「断捨離」

新・片づけ術「断捨離」