ソフトバンクの決算説明会に見る、これからのITビジネス戦略

“投資家” 孫正義氏の次なる一手はこれだ! 「4分野」×「3カ国」に注力するソフトバンクの投資戦略【決算発表・全文】


アリババを当てた天才投資家孫正義

彼がこれから狙うのはインドと言われていますが、

より詳細なアジア戦略が分かりやすく語られています。

 

悲しいのは、国内の話題が殆ど無い事。

それだけ投資するには魅力のない市場って事でしょうね。

 

これから注力するのはこの4分野

f:id:change2013:20150214132150j:plain

アリババはモバイルの伸びが物凄いようです。

 

 それから、第二のアリババと期待されているスナップディール

Snapdeal.com: India's Largest Online Shopping Site, Bachatey Raho!

 

その後、インドネシアのトコペディア


これらの株が買えるのであれば買いたい!!!

 

トランスポーテーションプラットフォーム

これは良いサービス

客待ちや流しのタクシーは無駄でしかないし、

バスなんて渋滞を生む乗り物を減らせば良いと思う。

 

広告・メディア・ゲーム

今まで、スマホゲームは貴重な時間を無駄に消費させるだけで、

生産も消費も産まない必要悪だと思っていたが、

ここまで市場が大きくなると、新たな娯楽産業と、

マトリックスのようなバーチャルリアリティ

仮想現実空間による新たな体験を売るビジネスが生まれると思う。

元々ゲームは好きだった人間なので、

ゲームとビジネスを結び付けられるような仕事もありかもしれない。

 

ここはgimiの国光さんが楽しみ!

株式会社 gumi

 

投資

インドは既に世界が目をつけているので、

より日本に近く、人口爆発で確実に伸びてくる市場、

インドネシアを筆頭に、

フィリピンなんかのスタートアップへの投資、

あとは、高騰する不動産への投資を狙って、

既に富裕層は動いています。

 

決算発表を見て、

これからはアジアに出ていかなければならないという

強烈なメッセージを感じた。

日本市場に魅力が無い、高い法人税では利益が逃げていく、

自分にはどうしようもできない問題だが、

どうにかしなければ。。。