読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黄金の羽根の拾い方、お金持ちの方程式教えます。

ブログ

以前から興味はあったがなかなか読むきっかけが無かった本。

それが、2015年版として新たに誕生していたので早速読んでみた。

 

お金持ちの方程式

資産形成=(収入-支出)+(資産X運用利回り)

  1. 純利益の確保こそが重要
  2. 複利の力を使う!
  3. 元手が無ければ運用しても意味が無い
  4. 確実に収入を増やす方法は働き手を増やす事
  5. 他人への投資と自分への投資を天秤にかけよ
  6. サラリーマンが金持ちになる方法は3う

 

 ほとんどが知っている内容で目新しさは無かったが、

この本が発売された10年程前に読んでいたとしたら、

もっと早く効率的にお金の知識を得る事ができていたのは間違い無い。

 

本への投資はたかだか数千円、

その知識をいかに早く知るかが重要であって、

興味があった段階でとりあえず積読するようにしようと心に誓った。

 

黄金の羽根が落ちている程世の中甘くない!

この本の中心、合法的に節税する方法は、

一般的サラリーマンではなかなか理解されないが、

それこそが洗脳であり搾取されている事に気付けていない状態。

これからの未来、取り巻く経済市場、それを読み取りながら、

自己責任で生きていかなければならない。

それこそが資本主義社会

 

土地神話、マイホーム神話

これも作り上げられた価値観

冷静に考えれば、人口が減少する社会で、

これから35年ものローンを組むリスク

そんな危険な事はすべきじゃないと思います。

 

不動産の現実を知る為、裁判所へ競売物件を見に行こう!

 

それから教育費を含め、子供一人に掛るお金。

これをライフプランに組み込んでおかないと、

家族全員で貧困化してしまう。

 

末巻で語られたホームレスのくだり。

様々な要因があるが、中には経営者、成功者だった人も多い。

もちろんリストラされたサラリーマンもいる。

いつ、自分がそうならないという保証も無い世の中。

自分への投資、確実な資産形成、

改めて危機意識を持てた良書でした。