ソフトバンクグループのIT部門を調べてみた

先日発売されて話題をさらった習慣ダイヤモンドの

孫正義、世界を買う!

 素直にスゲーと思ったし、これからの市場を教えてもらった気がする。

これからITの市場はアジアにシフトする。

既に中国は世界一のIT人口を誇り、

その流れはインドからインドネシア東南アジアに移動する。

そう考えると、日本からアメリカを見るんじゃなくて、

アメリカから日本に導入してアジアに転用する!

このタイムマシーン経営って凄く理にかなっているし、

天性の投資家として孫さんずるいなとも思った。

 

そんなソフトバンクグループは買収による買収を重ね、

30年後にはグループ4000社、200兆円の企業グループを作るそう。

普通だったらそんなの無理!って思うけど、

この雑誌を読んで、著書を読んで、今まで結果を出し続けてきた姿を見ると、

ほんとにやってくれそうな気がしてくる。

ソフトバンクの株買っとかないとw

 

孫さんが「図らずとも社長になったなんていうやつはダメ」って言ってたけど、

確かにそう、そんなの従業員にとっても会社にとってもリスクだし、

やはり、トップの器が企業の器なのである。

 

器でいうと、孫さんの凄さを知ってしまったら、容易に起業できない、

自分がやってもせいぜい20人程度で数億円規模、

創業初日から1兆2兆なんて、頭おかしいんじゃないの?って思ってしまう。

 

ま、それこそが器であってビジョンであって、目指す頂きの違いなんだろうね。

 

さて、そんな孫さんに刺激を受けまくっているので、

ソフトバンクで孫さんと働く方法を考えてみたw

 

ソフトバンク複数の企業体で形成されているホールディング起業

主に通信事業がメインだが、やはりキャリアと成長を見据えてITで勝負したい。

 

ソフトバンクのネット部門は下記

インターネット事業

ヤフー株式会社(別ウィンドウで開きます)

ポータルサイトYahoo! JAPAN」の運営、インターネット広告の販売、イーコマースサイトの運営、会員サービスの提供
http://www.yahoo.co.jp/(別ウィンドウで開きます)

株式会社IDCフロンティア(別ウィンドウで開きます)

データセンターの営業・販売およびソリューションの提供

アスクル株式会社(別ウィンドウで開きます)

オフィス向け用品などの通信販
http://www.askul.co.jp/(別ウィンドウで開きます)

株式会社カービュー(別ウィンドウで開きます)

インターネットによる自動車関連情報配信
http://carview.yahoo.co.jp/(別ウィンドウで開きます)

バリューコマース株式会社(別ウィンドウで開きます)

成功報酬型インターネット広告システムの運営
http://www.valuecommerce.ne.jp/(別ウィンドウで開きます)

 

ヘー、アスクルもそうなんだ!

バリューコマースも楽しそうだけど、

やはりインターネットの雄、ヤフー

 

 

アイティメディア株式会社(別ウィンドウで開きます)

IT総合情報サイト「ITmedia」の運営
http://www.itmedia.co.jp/(別ウィンドウで開きます)

 

メディアもいいねー

 

 

SBヒューマンキャピタル株式会社(別ウィンドウで開きます)

インターネットを利用した転職情報サイトの運営
http://www.ecareer.ne.jp/(別ウィンドウで開きます)

 

ここから入れるんじゃ?

 

 

ソフトバンク・テクノロジー株式会社(別ウィンドウで開きます)

オンラインビジネスのソリューションおよびサービスの提供
https://www.softbanktech.jp/(別ウィンドウで開きます)

 

ICTね

 

取り急ぎ以上、なるほどね。