読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

効率よく品質の良いものをつくる!

http://www.flickr.com/photos/61123298@N07/5568691571

photo by A.N.M

 

効率よく品質の良いものをつくる

ものづくりに携わる人には響く言葉だろう。

これは、豊田家に代々伝わる家訓のようなもので、

この精神が今の豊田を築き上げたんだろうと思った。

大企業を作った創業者が、ものづくりに掛ける信念と情熱は半端ない!

夢を共有できない限り、それは過酷で理不尽な労働、昔で言う3K

そんな偉大な創業者と、夢を共有できる仲間が集った時、

突き抜けた企業が誕生するんだと。

 

お客様の為により良い物を!

ものづくりをやっていると誰もが思うハズ。

最近では、お客様を見ずに自己満足で作品を作る輩もいるが、

作り手は総じて完璧な、自分で納得できるものを作りたがる。

まーそれが当たり前で、そう思えなければ作りて失格である。

只、それだけではいけない。

職人仕事で、一日1個しか作れない。

結果、一日分の人件費が値段に反映されてしまう。

職人仕事は素晴らしいし、それを否定するつもりはさらさら無いが、

世界と戦う、大きな企業を作り上げるには、それだけではダメ!

そう、それが効率であり「改善」なんです。

 

効率と品質を追求する

一見、相反するこの2つを高めなければ、真に評価される事は無い。

効率だけだとつまらないし面白く無い、安くても価値を感じられない。

反対に、品質だけでは高い、生産数が少なく、一部の人の物になってしまう。

より良い物をより安く!まさにこの精神ですね。

 

豊田は戦後日本を「自動車で復活させる」そんな理念を持ち、

今や名実共に日本を代表する企業に成長しました。

目指すゴールが企業を大きくし、

その経営手法は日本だけではなく、世界の企業に多大な影響を与えています。

トヨタほどの大企業であっても、創業家の信念と情熱は起爆剤になるんだと

個で戦うのがもてはやされている昨今、組織の強さを見た!

そんな事を学んだ一日でした。