読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やらなければならない仕事と評価される仕事、どちらをやるかは自分でやりたい仕事をやらなければならない!

仕事。
と、一言で言っても、人によって捕らえ方は色々あると思います。
生活の糧を稼ぐため。
自己実現のため。
社会に貢献するため。
自己成長のため。
暇つぶし。
言われて仕方なく。
楽しいから。
関わる人がハッピーにしたいから。

人によって様々だと思います。

経営者、投資家を除き、雇われて仕事をしている人が圧倒的に多い世の中。
会社組織においては、人間関係が面倒で辞めていく人も多いと思います。
人間関係、結局は人と人との関わり。
そこには、正しい評価だけではない、主観的な評価というのがまだまだ多いのが現実です。

出世するにはお客様を見るんではなくて社長、上司を見ろ!

残念ながら、これが現実なのです。
優秀な人ほど、派閥争いや出世レースが馬鹿馬鹿しくなって、
組織を離れてします。実にもったいない事です。

サービスの質、商品の質は、人の質に比例します。
どれだけ優秀な人を多く抱えるか。強い組織を作るにはこれが大前提です。

只、そんな会社は実に少ないのも現実です。

日々、仕事をしていく中で、会社にとってこれは絶対プラスになる、
これをしなければ組織が壊れてしまう。
こんな問題点に気付く事は多いと思います。

しかし、それをやっても評価はされず、見てみぬふりをする日々、
ところが、ある日その問題は表面化し、そこを改善しなければと言葉では言ったとしても、
行動して改善される事はないはずです。

皆自分がかわいい、面倒ごとは言った人がやってくれればいい、
自分は、評価される仕事、楽な仕事をやるんだ。
大半の人はそう思うし、そんな人はそれでいいと思います。

只、見てみぬふりを出来ない、心がざわつくのであれば、
自分の気持ちに正直になるべきです。

その仕事は評価されないかもしれないが、
結果が出れば評価せざるおえなくなります。
逆に、結果が出ても評価してもらえないのであれば、
それを評価してくれる会社に移るべきです。

問題点を捉え、それを改善する力は、
もっとも偉大でもっとも評価されなければいけない。
それを出来たあなたは、最も必要とされる人材なのです。

自分の内なる声に耳を傾け、正しいと思った事をやりましょう!
それはあなたにしか出来ない事で、大きな経験と実績になるはずです。