南雲流、一日一食、みかんを皮ごと食べる等、とんでも健康法

南雲先生。

アンチエイジング界の異端児で、おんとし何と58歳!

みかんを皮ごと食べろ!などの奇抜な発想で有名なこの方。

昨日の全力テレビで見ていて、原理原則に基づいたその理論に、

なるほど納得させられました。


まず、生き物の心拍数は決まっていると言う話。

これは、呼吸法やヨガ?でも聞いた事があったけど、

あまりに過度な運動は逆効果って事。

歩く事、正しい姿勢を保つ事でも運動は可能なので、

改めてそこに目を向けようと思った。


食事も一日一食で済ませているそうです。。。

そんな事をしたら腹が減って逆に集中できない。。。。


生き物は、空腹状態の時に若返り細胞が活性化するそうです。

なので、満腹ではなく腹8分。これを守る事が大事なんです。


みかんを皮ごと食べるのも、自然界にあるありのままを食す。

これが完全栄養であって、生成されたものではどうしても偏りが生じる。


それから、食後はすぐ寝るべきだそうです。

動物も食後はすぐ寝るでしょ?生理現象で眠くなる。

これは体からのサインだから素直に寝ればいい!

寝たら太ると言うのは確かにあるんだけれども、

それは、栄養を体に吸収しないよう、消化不良状態にするから。

だそうです。


私はダイエットする必要はまだしばらく無さそうなので、

理にかなっている部分は実践してみたいと思います。

何事もやってみる事が肝心!